人気ブログランキング |

桂 かい枝
KAISHI KATSURA
平成6年五代目桂文枝に入門。
NHK新人演芸大賞・文化庁芸術祭新人賞・咲くやこの花賞・第5回東西若手落語家コンペティション優勝・繁昌亭大賞爆笑賞など数々の賞を受賞し、上方落語の爆笑派として次世代を担う実力と人気を兼ね備えた期待の若手落語家。

これまでの落語家の枠に留まらず、世界に「RAKUGO」という日本独自の笑芸を広めようと1997年より海外公演を開始し、イギリス・カナダ・インド・ブルネイ・フィリピンなど、世界15カ国93都市(2011年11月現在)で300を越える英語落語公演を行い、『Laugh & Peace』の精神で世界に落語の笑いを伝えている。

2007年には文化庁の文化交流使に任命され、08年4月より半年間、文化交流使として渡米し、日本を代表して全編英語の落語公演を全米各地で行う。NHK教育テレビ『いまから出直し英語塾』にも出演。
詳しいプロフィールはこちら>
 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
文化庁文化交流使として半年をかけて、全米をキャンピングカーで一周。自らハンドルを握り、家族とともに1万7千キロを走破!(東京大阪間を38回往復した距離。)

33都市で73公演を行い、のべ1万5千人のアメリカ人を爆笑の渦に巻き込んだ。

ニューヨークのコメディークラブのステージでも技を磨き、コメディークラブのオーナーも『お前はアメリカでも成功出来る』と絶賛!

ファイナル公演となるブロードウエイでの『ニューヨーク繁昌亭』には日本から桂三枝師匠も応援に駆けつけ、900人もの観客が! 最後は観客全員が総立ちとなって、スタンディングオベーションで最高に盛り上がり,地元紙にも特集記事が組まれるなど、一大ムーブメントとなった。
  サンフランシスコ・パブリック・ライブラリー公演
今日は、サンフランシスコのパブリックライブラリーでの公演。
f0076322_626911.jpg


キャパ300位のなかなかいいホール。
金屏風もあって、かなりいい雰囲気に仕上がりました。
f0076322_552138.jpg

海外公演で一番時間のかかる作業が舞台づくり。

今日も舞台づくりにたっぷり3時間かかりました。

主催者の方は、落語を全く知らない方がほとんどで、そんな方が準備をしてくださる訳ですから、当然と言えば当然なのですが、ほとんどの場合、高座がめっちゃ低いです。

なので、僕らで勝手に舞台裏とか楽屋とかをウロウロして、高座に使えそうな高さのあるテーブルや箱を見つけてくるんです。

まず、高座を探し出すところから始めますので、そりゃ時間が掛かるわけです。

落語は膝から上全部を使って、噺を表現します。

なので、お客さんの目線に、高座(僕が座る位置)が来る高さが最低限必要なんです。

『顔だけ見えてるからいい』ってもんじゃないんですね。

それがなかなか理解してもらえないんです・・・。

また、アメリカは訴訟の社会なので、それもめっちゃややこしい理由の一つです。

自分が被害を被った場合、すぐ訴えます。

例えばNYなどでは、お店のオーナーが自分の店の前の雪かきしてなくて、誰かが滑って転んで怪我をした場合、雪かきをしていない店の責任ということで、オーナー側を訴えたりするそうです。

その場合は、絶対店側が負けるんですって。

恐ろしいでしょ?

ステージでも同じで、パフォーマーが高いステージで、もしも怪我をした場合、主催者側を訴えると、主催者側が莫大な賠償金を支払わないといけなかったりするんだそうです。

だから、こっちの人は高いステージを使うことにめっちゃ慎重で、今回も『絶対に訴えません』って、一筆書いてから、テーブルを使わせてもらいました。

ややこしい社会やね・・・ほんまに。

まあ、なんとかいいステージができて、いよいよ公演スタート。

まずは、えみさんの前説から。
f0076322_6174674.jpg

スポケーンから彼女に、落語の前に司会をしてもらっています。

僕の紹介・文化庁の企画の説明はもちろん、落語の簡単な解説に加え、毎回オリジナルのギャグも入れて客を笑わせてくれています。

おかげでお客さんがいい感じに温まって、本当に僕が出やすい状況にしてくれます。

本人もだんだんMCが楽しくなって来てくれたみたいで、今回からはいよいよ着物姿でステージに・・・。

可愛い紫の着物と髪飾りはお母さんが日本から送ってくれたそうです。

さすが名古屋の有名美容師のお母さん、色づかいがめちゃオシャレです!

たぶん僕よりええ着物です・・・。

盛り上げてくれるのはええけど、頼むから僕より目立たんようにしてくださいね・・・。

実は、今日はいつも以上に緊張していました。

なぜって、先日こちらに来た、嫁・子供が客席で見てるんです。

嫁・子供の見てる前で落語をするのは初めての経験。

他のお客さんより、そっちの反応が気になりました。

お客さんの入りは7割程度でしたが、反応はめちゃよかった!!!
f0076322_6241828.jpg

僕も15回も公演をこなして、本当にこっちに受けるやり方がなんとなくわかってきました。

えらいもんですねー。空気っていうのかなあ?
f0076322_6245469.jpg

声の出し方とか、顔の作り方とか、間とか、なんか、『こんな風にしたら笑うんや!』っていうのが肌で分かってきた気がします。

最後は、このツアー2回目のスタンディング・オベーション!!!
f0076322_6251772.jpg

盛り上がりました!

嫁・子供いわく『ほんまに外国人のお客さんも大笑いしてるねんねー。ずっと嘘やと思ってた。』

おいおい、今まで信じてなかったんかい!

この調子で家族協力して頑張ります!
by eigorakugo | 2008-05-13 06:31 | 日記 | Comments(7)
Commented by P at 2008-05-13 08:00 x
毎回お客様には楽しんでもらえてて何よりですよねー。
MCも張り切ってやってますが、、、
やはり裏の方がいいなぁ。。。はぁ、、、シカゴ。
Commented by かず@神戸っ子 at 2008-05-13 13:02 x
>例えばNYなどでは、お店のオーナーが自分の店の前の雪かきしてなくて、誰かが滑って転んで怪我をした場合、雪かきをしていない店の責任ということで、オーナー側を訴えたりするそうです。

そんな奴(訴える奴)には是非、「天災」を一席聞かせてやってください :-)


Commented by エビケー at 2008-05-13 13:41 x
かい枝さん、ほんまにおもろかった。 SFに住むようになって、大好きな日本の落語から離れ、欲求不満気味な気分が一気に晴れました。 金髪の男の子も一番前で大笑いしてましたね。 また是非来てください。 ありがとうございました。 奥さまの美しさにもタマゲタ!  これからの益々のご活躍を、大いに期待しております。
Commented by 神戸のおばちゃん at 2008-05-13 20:55 x
毎回たくさんのお客さんが大笑いして、かい枝さんの面白さをわかってもらえるのがうれしいです。 ご家族の前でスタンディング・オべーションだったのは素敵な贈り物。 一時帰国の時の舞台は表情がパワーアップしてるわけですね。 楽しみ!
Commented by 山の角笛 at 2008-05-16 09:33 x
ご家族の見てはる前、緊張しはったでしょうね。 かい枝寄席に通った私としては、スタンディング・オベーションになるほどの英語落語の様子を一度聞いてみたいものですが、時間はあっても、予算がありません。 残念!
Commented by 山の角笛 at 2008-05-16 09:33 x
ご家族の見てはる前、緊張しはったでしょうね。 かい枝寄席に通った私としては、スタンディング・オベーションになるほどの英語落語の様子を一度聞いてみたいものですが、時間はあっても、予算がありません。 残念!
Commented by あさん亭美吟 at 2008-05-25 02:24 x
現地で英語落語をされて、
スタンディング・オベーションを受けるご主人のご活躍を見られたら、
感動して、「堪忍袋」につめた奥様の文句も、消えることでしょう…ね。
(・・?) エッ?アレはただのネタで、本音じゃなかったんですか。
失礼しました。<(_ _)>
<< 洗剤 人生を楽しむゆとり >>


リンク


桂かい枝が落語をお届けします! 英語落語・古典落語など 目的とご要望にお応えします! 詳しくはこちら>











RADIO
ABCラジオ毎週木曜日お昼13:30〜15:30
『桑原征平の粋も甘いも』でアメリカから毎週リポートコーナーを担当(終了)

NEWS PAPERS
読売新聞隔週火曜日夕刊
『桂かい枝のアメリカ武者修行の旅』連載(終了)

雑誌
ぴあ(関西版)
『桂かい枝の英語落語アメリカ武者修行ツアー』連載(終了)

カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
月曜日の読売新聞夕刊見ま..
by チャ―ブ・カホチチ at 20:57
繁昌亭大賞おめでとうござ..
by チャーブ・カホチチ at 14:05
かい枝さん、今晩は。..
by 林 健太郎 at 01:09
2月3日の毎日新聞夕刊2..
by チャーブ・カホチチ at 16:35
鹿児島良かったですね ..
by mitugi4603 at 20:52
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧