人気ブログランキング |

桂 かい枝
KAISHI KATSURA
平成6年五代目桂文枝に入門。
NHK新人演芸大賞・文化庁芸術祭新人賞・咲くやこの花賞・第5回東西若手落語家コンペティション優勝・繁昌亭大賞爆笑賞など数々の賞を受賞し、上方落語の爆笑派として次世代を担う実力と人気を兼ね備えた期待の若手落語家。

これまでの落語家の枠に留まらず、世界に「RAKUGO」という日本独自の笑芸を広めようと1997年より海外公演を開始し、イギリス・カナダ・インド・ブルネイ・フィリピンなど、世界15カ国93都市(2011年11月現在)で300を越える英語落語公演を行い、『Laugh & Peace』の精神で世界に落語の笑いを伝えている。

2007年には文化庁の文化交流使に任命され、08年4月より半年間、文化交流使として渡米し、日本を代表して全編英語の落語公演を全米各地で行う。NHK教育テレビ『いまから出直し英語塾』にも出演。
詳しいプロフィールはこちら>
 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
文化庁文化交流使として半年をかけて、全米をキャンピングカーで一周。自らハンドルを握り、家族とともに1万7千キロを走破!(東京大阪間を38回往復した距離。)

33都市で73公演を行い、のべ1万5千人のアメリカ人を爆笑の渦に巻き込んだ。

ニューヨークのコメディークラブのステージでも技を磨き、コメディークラブのオーナーも『お前はアメリカでも成功出来る』と絶賛!

ファイナル公演となるブロードウエイでの『ニューヨーク繁昌亭』には日本から桂三枝師匠も応援に駆けつけ、900人もの観客が! 最後は観客全員が総立ちとなって、スタンディングオベーションで最高に盛り上がり,地元紙にも特集記事が組まれるなど、一大ムーブメントとなった。
  ダラス公演
ダラスの会場は、ROSEWOOD CENTER FOR FAMILY ARTSという劇場。

160人キャパのめっちゃ使いやすそうな劇場です。

しかし、開演が7時半からなのに会場が使えるのが5時半からと、準備にたった2時間しかありません。

落語の高座を設置するだけなら、なんとか大丈夫なのですが、今回も映像を使うので、プロジェクターやスクリーンの打ち合わせが大変時間がかかります。

音響や照明担当者はアメリカ人なので、映像や、出囃子の音の出し方を、彼らに説明するのはすごく時間がかかる作業です。

正直、2時間で大丈夫かなと思って心配してたら、そこはやっぱりSUPER WOMANのKEIKOさん。

事前に会場に下見に行き、ステージの大きさや間取りを全部メジャーで計ってそれを図面にして、どういった流れで、どういう風に高座を作ればいいか、的確に簡単にお手伝いのアメリカ人に指示が出せるよう、図解入りで全部プリントにまとめてはるんです!!!

これはビックリ!

ここまで用意周到な人は今まで見たことありません。

日本人なら言われたことを読み取って100言ったことを120位にしてくれますが、アメリカ人は言われたことは言われたとおりに、もしくは言われたとおりっぽく、まあ80位にしかしてくれません。

だから、図解も入れて、的確に指示を出すことが何より大事だそうです。

おかげで会場準備もスムースに行き、こんな感じのとてもカッコいい高座になりました。
f0076322_176318.jpg

会場や高座の雰囲気って、本当に大事です!

特に海外では、お客さんは落語を初めて見る人たちですから、高座が豪華でカッコよく出来てると、落語自体も豪華でカッコいい芸能と思って見てくれるんです。

その逆もまた然り。

だから高座作りが、公演の出来の7割と言いませんが、6割位は決めてしまう位の重要性はある気がします。

そういう意味では今回は100点に限りなく近い高座だったと思います。

お客さんも160人のところに200人近くが来て、残念ながら何人かは帰ってもらったそうですが、満席でめっちゃ盛り上がりました。

僕も久しぶりに落語やってて、めっちゃ楽しかったー!!!

かなり余裕を持って、気持の上でお客さんとやり取り出来たという感じかな。

最後はまたまたカーテンコールで呼び出され、スゴイ拍手と歓声の中、『ダラスカウボーイズ』のTシャツまでお土産でいただきました。

KEIKOさんをはじめ、スリムさん、アンさん、ダラスの皆さん、ほんとおおきにありがとうございました!

またダラスでやりたいです!
by eigorakugo | 2009-09-12 17:12 | 日記 | Comments(1)
Commented by 山の角笛 at 2009-09-12 22:56 x
この照明、色っぽいですね。なんか違うこと始まりそう(^。^)
<< 彦いち・かい枝ふたり会名古屋公... ダラス >>


リンク


桂かい枝が落語をお届けします! 英語落語・古典落語など 目的とご要望にお応えします! 詳しくはこちら>











RADIO
ABCラジオ毎週木曜日お昼13:30〜15:30
『桑原征平の粋も甘いも』でアメリカから毎週リポートコーナーを担当(終了)

NEWS PAPERS
読売新聞隔週火曜日夕刊
『桂かい枝のアメリカ武者修行の旅』連載(終了)

雑誌
ぴあ(関西版)
『桂かい枝の英語落語アメリカ武者修行ツアー』連載(終了)

カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
月曜日の読売新聞夕刊見ま..
by チャ―ブ・カホチチ at 20:57
繁昌亭大賞おめでとうござ..
by チャーブ・カホチチ at 14:05
かい枝さん、今晩は。..
by 林 健太郎 at 01:09
2月3日の毎日新聞夕刊2..
by チャーブ・カホチチ at 16:35
鹿児島良かったですね ..
by mitugi4603 at 20:52
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧