桂 かい枝
KAISHI KATSURA
平成6年五代目桂文枝に入門。
NHK新人演芸大賞・文化庁芸術祭新人賞・咲くやこの花賞・第5回東西若手落語家コンペティション優勝・繁昌亭大賞爆笑賞など数々の賞を受賞し、上方落語の爆笑派として次世代を担う実力と人気を兼ね備えた期待の若手落語家。

これまでの落語家の枠に留まらず、世界に「RAKUGO」という日本独自の笑芸を広めようと1997年より海外公演を開始し、イギリス・カナダ・インド・ブルネイ・フィリピンなど、世界15カ国93都市(2011年11月現在)で300を越える英語落語公演を行い、『Laugh & Peace』の精神で世界に落語の笑いを伝えている。

2007年には文化庁の文化交流使に任命され、08年4月より半年間、文化交流使として渡米し、日本を代表して全編英語の落語公演を全米各地で行う。NHK教育テレビ『いまから出直し英語塾』にも出演。
詳しいプロフィールはこちら>
 
文化庁文化交流使として半年をかけて、全米をキャンピングカーで一周。自らハンドルを握り、家族とともに1万7千キロを走破!(東京大阪間を38回往復した距離。)

33都市で73公演を行い、のべ1万5千人のアメリカ人を爆笑の渦に巻き込んだ。

ニューヨークのコメディークラブのステージでも技を磨き、コメディークラブのオーナーも『お前はアメリカでも成功出来る』と絶賛!

ファイナル公演となるブロードウエイでの『ニューヨーク繁昌亭』には日本から桂三枝師匠も応援に駆けつけ、900人もの観客が! 最後は観客全員が総立ちとなって、スタンディングオベーションで最高に盛り上がり,地元紙にも特集記事が組まれるなど、一大ムーブメントとなった。
  <   2008年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
  シカゴの印象
僕は2回目のシカゴやったんですけど、前回はほんまになーんも印象のない街でしたが、今回の公演でシカゴがほんま大好きになりました。
f0076322_1355062.jpg
f0076322_1263322.jpg


やっぱ大阪と姉妹都市だけあって、ほんまよう似てるわ。

街の風景とか環境だけじゃなく、人の温かさが大阪とそっくりです。

世話焼きな感じとか。道迷ってたら、近づいてくれて、教えてくれるのかと思いきや、延々一緒に迷ってくれたり…。

何より、熱狂的なシカゴのお客さんの笑い声・・・。

しばらく耳から離れ無さそうです。

シカゴ繁昌亭には、スゴイ人がわざわざ日本から応援に来てくれました。

元近鉄監督の佐々木恭介さん。
f0076322_1253343.jpg


MBSのはやみみラジオに出てくれてはった佐々木さん。

今は毎日放送の野球解説者としてご活躍中です!

僕がラジオで、『シカゴのチケットが全然売れてなくて困ってるんです・・・』っていう話をしたのを聞いていてくださって、わざわざ日本から来てくれたんですよ!!!!!

会場を自分で探して、差し入れまで持って・・・。

ほんま嬉しかったです!思わず抱きつきましたもん。佐々木さんに!

すごい、ほんまにええ人です!佐々木さん。

ありがとうございました!

そして、佐々木さんの紹介でこの人にもお目にかかりました・・・
f0076322_1261097.jpg


カブスの福留さん。

さすがにオーラがすごくて、思わず緊張してええ加減なこと一杯いうてしまいました。

試合後にお目にかかったんですけど、僕は試合見てませんでしてん。なのに、

『福留さん、今日も大活躍でしたねー!』

『いえ。今日、デッドボール当てられて、全然打てんかったんですわ。』

見たら、腕に包帯グルー巻いてはる。

あちゃー思って、

『僕も落語がメジャーになるように、アメリカで頑張りますんで、福留さんもメジャーになるように頑張ってください!』

『もう、メジャーや!』言うねん!

けど、終始にこやかでええ人でしたー。

色んな思い出がいっぱい出来たシカゴ。

また来たいです。
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-29 01:36 | 日記 | Comments(0)
  シカゴ繁昌亭2日目
二日目は、シカゴ郊外のアーリントンハイツでの公演。

f0076322_0531472.jpg
こっちも450人の会場に400人来てくれ、前日の熱狂的な雰囲気とは違って、日本のお客さんに近い、ちゃんと落語を楽しもうという雰囲気。

みんな前日よりリラックスして、マクラも増えて、もっとまとまった公演になりました。
f0076322_0533862.jpg


フィナーレでは、お客さんの大きな拍手と歓声!
f0076322_0555157.jpg


『あー、しんどかったけど、必死で集客のためのチラシまきと、飛び込み落語やってよかった!』とほんまに心地よい、感動がありました。

終演後、みんなで記念撮影。
f0076322_0582312.jpg
f0076322_122754.jpg


大阪市シカゴ事務所の皆さん、ボランティアスタッフの皆さん、あさ吉兄さん、英華姉さん、グレッグ、えみさん、ゆうこちゃん、嫁さん、娘二人、そして来て下さったお客さんのおかげで立派な公演ができました。

ほんまにおおきにありがとうございました!!

NYにも英華姉さん、あさ吉兄さん、そして今はまだ言えませんが、ものすごいビッグなゲストが来てくれます。

皆さん、『こんな大物が!!!!!!』って、ビックリしますよ!

さあ、誰でしょう?

NYがますます楽しみになって来ました!
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-29 01:03 | 日記 | Comments(0)
  シカゴ繁昌亭
800人の会場なのにチケットが200枚しか売れてないと聞いた僕らは、集客のため必死に手分けして動きました。

ゆうこちゃんはラジオ局・テレビ局回り。

嫁さんはチラシ配り。

僕と大阪市事務所の皆さんは、会場近くのレストランや会社で飛び込みライブをやり、消防署でも落語をやって
f0076322_011142.jpg

途中で出動命令が来て、誰もいなくなったことは書きましたが、そんな感じであちこちで必死で集客のための活動をやりました。

プロデューサーのえみさんは急用で日本に帰国していたのに、自分の用事もそこそこに必死でシカゴに色んな指示と情報、アドバイスを送ってくれました。

その指示に従って僕らも頑張って動きました!(前の記事の書き込みにえみプロデューサーからの書き込みがありましたが、『えみちゃん、ごめんねー。忘れてたわけじゃないのよ…。うっかりしてたんよ・・・(それ忘れてたってことやん!)』)

配ったチラシは2000枚近く。

さあ、お客さんは来てくれたのでしょうか?

迎えた当日。開場したものの、出だしは悪く…
f0076322_0104929.jpg


どうなることかと心配しましたが、途中からどんどんお客さんが増えてきて・・・
f0076322_0123334.jpg


開演前には、いっぱ~い!!!!!!!!!!
f0076322_0192131.jpg


800人のところに600人ですから、8割近く!!!

みんなでほんまに、よーーー頑張った!

けど、こっからです。受けへんかったら、意味ないもんね!

まずはグレッグの司会。
f0076322_0231476.jpg
日本人とアメリカ人の習慣の違いのネタなど。もうめっちゃ盛り上げてくれました。

続いて、あさ吉兄さん。

グレッグの司会の中で、『落語家が高座に上がる時は、嵐のような大歓声で迎えます』というところがあるので、もう熱狂的な拍手です。

『こんなん出にくいわ・・・』と言いながら、あさ吉兄さん、『桃太郎』で大爆笑。

『今までの海外公演の中でもごっついええ出来やった』と言いながら高座から帰って来ました。

続いて、英華姉さん。
f0076322_1444692.jpg
去年のNY以来の海外での公演なので、めっちゃ緊張してはりましたが、もうスゴイスゴイ!

お客さんは完全にお姉さんの間にはまってました!

さすが、『NO.1 in the world!(こういうギャグがあるんです・・・)』

続いて僕。
f0076322_14569.jpg


シカゴ繁昌亭のために下ろしたマクラ。

新しいネタをやる時はいつもそうですが、ドキドキです。

日本での公演では、その日あったことや経験したことをマクラでしゃべったりするんですが、今回の旅では、日本語と同じように英語でも旅の途中で経験したことや、その街のことを織り込んで、お客さんともっと近くなりたいというのが目的の一つ。

滑るリスクを冒しながらもチャレンジです。

『ここまでシアトルから旅して来て、お客さんがいろんなお土産をくれました。シアトルでは鮭一匹。サンフランシスコではワイン一本。ラスベガスではスロットマシン一台。シカゴでは・・・?ピザ?』

『キャンピングカーがもう一杯ですが、ちょっとだけゆとりがあります。けど、そんなにない。だからもしどうしてもなにか僕にあげたかったら、どうぞ小さいものにしてください。本当に小さくて、薄くて、紙で出来ててる・・・。僕は緑色が好きだなあ・・・。分かりますよね?楽屋のカギは開いてますので、いつでもどうぞ。』

ごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっつい受けましたよー!

そこからはほんまにええ感じで最後まで突っ走りました!

落語の歴史の映像や、師弟関係のコント映像も流して、完全に一つのショーになってました。

えみプロデューサーも、『完璧なショーになってる!鳥肌が立った!』と言うてくれました。

僕自身も『このショー完璧やん!』と滅多に満足しませんけど、ほんまに今回は満足しました。

言うときますけど、全~部英語ですよ!

お客も9割アメリカ人ですよ!

爆笑ですよ!

いやー、やっぱり日本の寄席はスゴイ!世界に通用しまっせ!!
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-29 00:42 | 日記 | Comments(1)
  毎日新聞に掲載されました
毎日新聞6月24日の「ひと」欄で,
RAKUGOツアーが紹介されました。


f0076322_23333482.jpg
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-28 23:34 | 新聞掲載 | Comments(0)
  シカゴ
シカゴにやって来ました。

シカゴは大阪と姉妹都市なだけあって、大阪にそっくりです。

川と橋が多い

コメディーが有名

アメリカで第2の都市から第3の都市に転落した

先物取引が有名

おばちゃんが元気

野球ファンが熱狂的で優勝した時はシカゴ川に飛び込む・・・


などなど共通点が異様なほど多いです。

それだけじゃなく、街のあちこちが『あれ?これ十三にそっくりやなあ』とか『これ絶対桃山台やで』とか、大阪にそっくりです。

ここなんか、まるで中之島でしょ?
f0076322_020381.jpg



だから姉妹都市なんでしょうが、その35周年の記念イベントとして、今回は『シカゴ繁昌亭』と銘打って、大阪から来られる三味線漫談『おんな道楽』の内海英華さん、桂あさ吉さん、グレッグと合流し、僕は文化庁文化交流使として、英語落語を公演します。

今回は劇場が異常にデカイのが不安要素でした。

2公演、違う会場でやるんですが、1回目が800人
f0076322_0191422.jpg
、2回目が450人。

ともにあんまり落語には向かない位の器です。

けど、いっぱいになったら雰囲気も出来るやろ・・・と思って、現地に来てビックリしました。

『チケットどうですか?』

『ええ、ほぼイケてます』

『ほぼ満席ですか?』

『ほぼ2割です・・・』


ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!

焦りましたよ!

だって、800人のところに200人弱ですよ!

絶対盛り上がりませんやん。

せっかくやねんから、大阪のパワー見せつけたいですやん!

『絶対、いっぱいにしてやる!!』

で、それからはみんな必死で、全員で協力して、手分けして動いて動いて動き回りました。

①ラジオ局・テレビ局・新聞社回り(コーディネーターのゆうこちゃん)

②日本食料理屋・日本スーパーなど回ってチラシを客に渡してもらうようお願い(うちの嫁さん)

③着物を着て街を練り歩き、チラシ配り(僕)

④色んな会社に飛び込みで行って、社員を集めてもらって、会議室のテーブルに座って落語の解説→来てもらえるようにお願い(僕と大阪市の鳥山さん)
f0076322_0372463.jpg


ほんまに3日間、必死で動き回りました。

その他にも、自分からあちこちの日本人のグループ(大学のOB会のシカゴ支部とか、柔道のグループとか)に電話を入れて、『アメリカ人の友達を誘って是非来てください!』とお願いして回ったりほんまに営業マンやったらごっつい成績残せそうな位、必死でやりました。

近くの消防署でも飛び込みで落語をしました。

休憩室のテーブルをステージにして落語解説をしました。

シカゴは『WINDY CITY』っていうあだ名がある位、風の多い、火事の多い街ですねん。

そう、もうお分かりですね。

ごっついええ感じで聞いてくれてたのに、いきなり『うーうーうー』と出動命令。

アッと言う間に、誰もいなくなりました・・・。

そんな苦労をして、いよいよ迎えた『シカゴ繁昌亭』当日。

はたして、その結果は?
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-27 00:38 | 日記 | Comments(8)
  便所の管
キャンピングカー生活はめっちゃ快適。

キャンプサイトに到着して、わずか5分で普通に水も電気も便所もガスも使えます。

繋ぐのは3つ。

①水道の管

②電気のコード

③便所の排水

①と②はめっちゃ簡単ですが、③がなかなか慣れません。
f0076322_1621933.jpg


車体についてる排水口と、地面にある穴を、ホースでつなぐんですが、これが結構臭いますねん。

だって、モロう〇ことかし〇こですよ。

手順としては、
①車体の排水口の蓋を取る
②ホースをつないで、地面の穴に差し込む
③車体のスイッチを引っ張って、汚物を流す

三段階だけしかないんですよ。

めちゃ簡単ですやん。

ところが慣れないうちは手順を間違うんですね。

この間、①をやって、②を飛ばして、いきなり③をやってしまいました。

当然、僕の足元めがけてブツがドバドバドバ・・・

足元ぬくぬくでした。

けど、そんな目に合わない、いい方法を見つけました。

キャンプサイトに滞在してるアメリカ人のおじさんたちはほんまに親切です。

めちゃくちゃ親切で、人の世話を焼きたくて焼きたくて仕方ない人たちです。

そんな人に、『すんません。。。キャンピングカー、初めてなんですけど、これどうやってつなぐんですか?』

って言うと、必ず

『よっしゃ、俺がやってやろう!』と言うて、素手でホースを掴んでつないでくれます。

ほんまにアメリカ人の皆さんは親切です。

それ以来、毎晩『初めてなんですけど・・・』と言うようにしてます。

おかげでかなり快適になりました。

アメリカン・ダディの皆さん、ありがとう!
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-19 16:02 | 日記 | Comments(6)
  ヨッ!大統領!!
思わずそう叫んでしまいそうになりました。
f0076322_13582662.jpg





日本でも結構有名な場所ですが、どこにあるか知っている人は少ないでしょう…。




サウスダコタ州のマウントラッシュモア。




へ?




『サウスダコタ州ってどこにあるねん?』って?




えーっと、サウスダコタ州は・・・




分かりやすく言うと・・・




ノースダコタ州の下です・・・・・・・・・<(_ _)>。




でも、それぐらいこれ以外、何もないところですわ。




小さい頃から、『何で、山に顔彫るねん!』と、不思議に思っていました。




現場に来たら謎が解けるだろうと思っていましたが、現場に来てみて・・・





余計、訳分からん。




だって、この顔以外なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




んもない、ド田舎ですよ。




けど、そこに全米中から観光客がドッと押し寄せてるんです!!!




それ位アメリカ人は大統領好きかと言うと・・・・・




そうでもない・・・。




片っ端からアメリカ人に聞きました。




『右はワシントンですよね?左がリンカーン。後の二人は?』




みんな、『Well...,maybe he's a president!』




分かっとるわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!(;一_一)




結局、誰か分かりません。





知ってる人、教えて下さいまし。




一応、お決まりのポーズで家族写真。
f0076322_13573356.jpg





もし、現役上方落語家の顔を箕面の滝の横にでも、彫るとしたら・・・




誰?




まず一人目は、人間国宝、米朝師匠




続いて、現役バリバリ、三代目春団治師匠




そして、上方落語協会会長に再選された、三枝師匠




最後に4人目はやっぱり・・・




世界に羽ばたく桂かい枝!!!




・・・・・・・・




みんな、日本にいないからと言うて、僕のことを忘れないでね・・・
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-17 14:01 | 日記 | Comments(4)
  ゲリラ落語
今回のツアー、予定されている公演はアメリカ国内30数都市で、40回を超えますが、それはちゃんとした劇場での公演のみ。

旅の目的である『日本に全然興味のないアメリカ人にRAKUGOをはやらせる!』ためのゲリラライブはカウントされてません。

もう、全然劇場でないバーのカウンターや、船の上など、ほんまに日本だったら『絶対こんなとこでは落語できへんやろ!』というようなところでもあちこち飛び入りでやってます。

ちゃんとスケジュール化された落語公演に来られる方は、落語を観に行こうとずっと前から計画し、おそらく落語の下調べなんかもして、ちゃんとした劇場に聴きに来てくださるお客様。

こんなお客様ももちろん大切ですが、こんな方はある意味ホームのお客様。

言うたらなんですけど、受けて当たり前です。

今回は、もっとアウェーで、ガチンコで、落語のこともさっきまでまるで知らなかった、『何?何するの?』って人たちをRAKUGOで笑わせたい!というある意味無謀なチャレンジが目的。

それでこそ、『アメリカRAKUGO武者修行』のタイトルに現実味が出て来ます。

前回は船の上でしたが、今回の会場は、キャンプ場。
f0076322_1362826.jpg
f0076322_137332.jpg


陸の上だけましという話もありますが、今回も大変な状況でしたわ。

屋外に置いてあったピクニックテーブルに毛氈をかけて、車のヘッドライトを照明にして、即席ステージを作って、ビュービュー風の吹く吹きさらしの中やりましたがな…落語。

屏風も背景も楽屋も何も無く、完全に高座だけ。
f0076322_1364856.jpg
f0076322_1375647.jpg


落語は大道芸から興ったと言われてますが、まさに江戸時代はこんな感じやったんちゃうかな?

観客は大人20人、子ども9人、犬5匹。
f0076322_138427.jpg


またこの日がストームが来るという予報で、落語をやってると風がビュービュー吹いて来て、『桂かい枝』の名前を書いた名ビラはバタバタと言いながらどこかへ飛び立って行くわ、赤い毛氈が中に舞うわ、ほんま大変でした。

けど、最初は遠目に見ていたアメリカ人も、落語のセンスと手拭いを使った解説のあたりから、どんどん近寄ってきてくれて、誰一人、犬一匹も帰ることなく、1時間以上のショーを大いに楽しんでくれました。
f0076322_1381961.jpg
f0076322_1316361.jpg
f0076322_1391115.jpg


それからというもの、公演を見たアメリカ人がどんどん僕のキャンピングカーに遊びに来てくれました。

来てくれるのは嬉しいけど、来るたびに『こんなジョーク知ってるか?』と自分の自慢のジョークを披露されます。

けど、『笑い』を通じて、知らない者同士が友達になれる!ほんまにすごいですわ『RAKUGO』って!!!!!

こんなガチンコのRAKUGOショーの雰囲気、めちゃめちゃスリリングでオモロイですよ。

テレビ局の皆さん、取材お待ちしてます!!!
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-16 13:21 | 日記 | Comments(5)
  National Parkで出会った動物たち
アーチーズ国立公園、ロッキーマウンテン国立公園、バッドランド国立公園と、いくつか回りましたが、そこで出会った珍しい動物たち。

まずは、プレイリードッグ・・・


f0076322_1551654.jpg

続いて、これはほんまに珍しい、ビッグホーン・シープ(角がホーンの形をしてるからだそうです)・・・


f0076322_1561410.jpg

そして、バッファロー・・・


f0076322_1582121.jpg

バッファローはほんまにデカかった~!


おとなしいので、思いっきり近づいて写真を撮ってると・・・
f0076322_1585733.jpg



さっきまでおとなしかったバッファローが突然走り出して、こっちに向かって来ました!!!
必死で逃げたんですが、結局追いつかれたので牛殺しマス大山ばりに、牛を両手で受け止めました。
f0076322_1528746.jpg


一頭は素手で仕留めましたが、後から来た一頭に後ろから襲いかかられました・・・
f0076322_1513385.jpg



・・・なんて、バッファローのはく製と写真を撮ったので、ついついこれがやりたいがために、この記事アップしました。

お騒がせしました・・・。
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-14 15:31 | 日記 | Comments(4)
  ワイオミング州
ワイオミング州を通りました。

ほんまに360度、なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんもない。

緑の大地と真っ青な空、白い雲・・・のみ。
f0076322_14133484.jpg


えみさんが言いました。

『windowsの待ち受け画面みたい!』

思わず、車を停めて記念撮影。
f0076322_14141137.jpg

f0076322_14143597.jpg

なかなか日本ではお目にかかれない風景ですね。
[PR]
by eigorakugo | 2008-06-14 14:16 | 日記 | Comments(1)


リンク


桂かい枝が落語をお届けします! 英語落語・古典落語など 目的とご要望にお応えします! 詳しくはこちら>











RADIO
ABCラジオ毎週木曜日お昼13:30〜15:30
『桑原征平の粋も甘いも』でアメリカから毎週リポートコーナーを担当(終了)

NEWS PAPERS
読売新聞隔週火曜日夕刊
『桂かい枝のアメリカ武者修行の旅』連載(終了)

雑誌
ぴあ(関西版)
『桂かい枝の英語落語アメリカ武者修行ツアー』連載(終了)

カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
鹿児島良かったですね ..
by mitugi4603 at 20:52
今日の毎日新聞夕刊2面に..
by チャーブ・カホチチ at 18:20
> チャーブ・カホチチ..
by eigorakugo at 18:00
今日土曜日の読売新聞夕刊..
by チャーブ・カホチチ at 17:58
今日土曜日の読売新聞夕刊..
by チャーブ・カホチチ at 17:58
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧