桂 かい枝
KAISHI KATSURA
平成6年五代目桂文枝に入門。
NHK新人演芸大賞・文化庁芸術祭新人賞・咲くやこの花賞・第5回東西若手落語家コンペティション優勝・繁昌亭大賞爆笑賞など数々の賞を受賞し、上方落語の爆笑派として次世代を担う実力と人気を兼ね備えた期待の若手落語家。

これまでの落語家の枠に留まらず、世界に「RAKUGO」という日本独自の笑芸を広めようと1997年より海外公演を開始し、イギリス・カナダ・インド・ブルネイ・フィリピンなど、世界15カ国93都市(2011年11月現在)で300を越える英語落語公演を行い、『Laugh & Peace』の精神で世界に落語の笑いを伝えている。

2007年には文化庁の文化交流使に任命され、08年4月より半年間、文化交流使として渡米し、日本を代表して全編英語の落語公演を全米各地で行う。NHK教育テレビ『いまから出直し英語塾』にも出演。
詳しいプロフィールはこちら>
 
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
文化庁文化交流使として半年をかけて、全米をキャンピングカーで一周。自らハンドルを握り、家族とともに1万7千キロを走破!(東京大阪間を38回往復した距離。)

33都市で73公演を行い、のべ1万5千人のアメリカ人を爆笑の渦に巻き込んだ。

ニューヨークのコメディークラブのステージでも技を磨き、コメディークラブのオーナーも『お前はアメリカでも成功出来る』と絶賛!

ファイナル公演となるブロードウエイでの『ニューヨーク繁昌亭』には日本から桂三枝師匠も応援に駆けつけ、900人もの観客が! 最後は観客全員が総立ちとなって、スタンディングオベーションで最高に盛り上がり,地元紙にも特集記事が組まれるなど、一大ムーブメントとなった。
  文楽の裏側
f0076322_23325632.jpg

f0076322_23325630.jpg

f0076322_23325615.jpg

f0076322_23325695.jpg

めったに見れない文楽の裏側。

写真は上から、人形に着付けをする吉田玉翔くん。

文楽人形に衣装を付けるのは人形遣いの仕事だそうです。裁縫の能力もいるんですね!

続いて、リハーサルの様子。舞台で遊んでる訳やありません。

リハーサルでは人形を持たずに、動きだけ確認するんですね~。

客席から見てたらふざけてるようにしか、見えません。

続いては、頭(かしら)を持つ人形遣いの方々。

上から、吉田一輔さんと吉田玉誉さん。

よく犬は飼い主に似るって言いますが、人形も人形遣いに似てますね。

人形遣いが人形に似てるのかな?

まあ、今日も楽しい公演でした。

明日も頑張ろ!
[PR]
by eigorakugo | 2007-07-07 23:32 | 日記 | Comments(1)
Commented by おもしろーい! at 2007-07-08 08:19 x
人形とかしらを持つ人形遣いソックリですね、どうしてかしら。
<< またボンバルディア! ケンピの西川屋さん >>


リンク


桂かい枝が落語をお届けします! 英語落語・古典落語など 目的とご要望にお応えします! 詳しくはこちら>











RADIO
ABCラジオ毎週木曜日お昼13:30〜15:30
『桑原征平の粋も甘いも』でアメリカから毎週リポートコーナーを担当(終了)

NEWS PAPERS
読売新聞隔週火曜日夕刊
『桂かい枝のアメリカ武者修行の旅』連載(終了)

雑誌
ぴあ(関西版)
『桂かい枝の英語落語アメリカ武者修行ツアー』連載(終了)

カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
鹿児島良かったですね ..
by mitugi4603 at 20:52
今日の毎日新聞夕刊2面に..
by チャーブ・カホチチ at 18:20
> チャーブ・カホチチ..
by eigorakugo at 18:00
今日土曜日の読売新聞夕刊..
by チャーブ・カホチチ at 17:58
今日土曜日の読売新聞夕刊..
by チャーブ・カホチチ at 17:58
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧